PC2 Interview (Japanese)

click here for English (英語)

まず、どういう経緯でバンドが結成されたか教えてください。バンドの以前の活動など。
P.C.2 としてはどのくらい活動されていますか?
以前、あなたはPay Channelとして活動していましたよね?

(Hiro)
僕は8歳くらいからTVの歌番組に出るバンドを観るのがなぜか好きで、よく気に入った歌があるとレコードを買っていた。それでバンドっていいなぁ〜、いつかバンドをやってみたいなぁ〜といつも思ってたよ。Akillerとは中学、高校と一緒で16歳のときに、他の仲間と高校の文化祭で演奏するためのバンドを組んだ。それが今があるきっかけだね。ラモーンズやクラッシュのコピーをプレイしていたよ。高校の同級生達とライブハウスでも数回プレイした。カバーバンドばっかりでだけど、お客の友達達はノリまくってくれて気分はロックスター!だった(笑)そのバンドの時は別にボーカルがいたから、僕はギターだけで、ギター弾いたことなかったきなけれど、その時のボーカルにパ11262015-kanazawa-5_resizeワーコードの押さえ方だけを教えてもらって、とにかく飛びまわりながらかき鳴らしてコーラスでわめいてたよ。その後、僕は大学で金沢を離れて広島に行くんだけど、クラッシュに憧れてたから自分がギターボーカルのバンドがやりたくて曲を作り始めたんだ。インターネットもまだない23年前当時、田舎に住んでる俺たちの唯一のパンクロックの情報源は、DOLLマガジンだった。  当時はグリーンディやランシド、NOFX、日本だとハイスタンダードなんかのメロコアが大人気で皆そっちに流れた感じだったけど、オレはかっこいいサウンドに感じなかった。しかし、DOLLマガジンに小さく出ていたTEENGENERATE、DEVIL DOGSなんかがなぜか気になり、広島のパンクレコードショップ ミザリーでTEENGENERATEとギターウルフのレコードを買ってぶっ飛んだ!まさに求めていたサウンドで、ロックンロールをハイスピードで繰り出す火の玉パンクロックに、オレはコレがやりたいんだ!と強烈に思って今に至る感じかな。そして大学が休みの時に金沢に帰るとAkillerを含むバンド仲間とスタジオに入ったりして、広島で作ったオリジナル曲をやりだした。それがPaychannelのスタートだね。大学を卒業して金沢に帰るとPaychannelを本格活動させた。どんどん曲を作り、録音しテープを作って、自分達で企画をし、ライブした。企画には憧れのFIRESTARTERやSUPERSNAZZなども何回も金沢に呼んで、ステージはもちろん、一緒に過ごすことによっても凄い影響を受けた。2000年には自分達や友人のバンドを出していた自分達のレーベル GIANT RECORDSから1st、2nd 7インチを2枚同時に出した。そして、いくつかのオムニバス アルバムに参加したあとに、2001年に1+2RECORDSから1st アルバムを出した。たまに東京や大阪、名古屋などにミニツアーもしながらずっと金沢を中心に活動をしてきたよ。そんな中、11年くらい前に知り合った大阪のFRANTIC STUFFSとは年も近いし、これまで聴いてきた音楽、影響を受けてきたバンドもほとんど同じで、彼らとは共感することが多く、ずっと仲良くしてる。しかし、6年くらい前だけど僕の問題で1年近くバンドができない時期があって、活動を再開する時にバンド名をP.C.2に変えて、Paychannel時代は弾いてたギターも僕はやめてボーカルに専念し、よりパンクロック感が出るようバンドをリフレッシュさせたんだ。だからP.C.2では5年くらいの活動だね。3年前にはP.C.2としての初音源として、THE REDUCERSのトリビュートアルバムに参加したよ。日本からは他にFIRESTARTER、FRANTIC STUFFS、ROCK BOTOM、GIMMIESが参加してて、素晴らしい作品だから未聴の人はぜひ聴いてみて欲しい!https://reducerstribute.bandcamp.com

(いろいろな音楽を聞かれてきたと思いますが、)
今、影響を受けている音楽は何ですか?

(Hiro)
いまでも14歳に知ったパンクロックをずっと毎日聴き続けてるから、影響を受けてるのは当然、76年から2016年のパンクロックです。毎日5分ごとに、次はあのレコードが欲しい、あのバンドが聴きたい、観たい!とそんなことばかり考えてる(笑)他のメンバーは違うけど、僕はこの1年ぐらいだけど特に60年代のティーンパンクに凄いハマっている。BACK FROM THE GRAVEやGARAGE PUNK UNKNOWNSなんかに入っているアメリカのオブスキュアなバンドをガレージとしてじゃなく、パンクロックとして聴いていて、当時の10代のフラストレイションの爆発が凄い新鮮に感じているよ!これはバンドのサウンドには影響は出ないと思うけど(笑)いろいろ発見があって楽しいね。
11262015-kanazawa-8_resize金沢のような小さな町でパンクバンド活動と私生活を両立する事はどうですか?難しい?

(Hiro)
考え方として、まずは仕事をしっかりとすること、次に家族を大切にし、その上で自分のやりたいことをやる。その順序がハッキリしていれば難しいことではないと思う。

しかし、僕が思うには東京だとバンドをやるための、バンドを優先に仕事を選ぶという選択ができるんじゃないかな。つまりバンド活動を中心に考え、生活していける土壌があるんだと思うけど、金沢のような小さな街ではそれではやっていけないね。まずちゃんとした仕事を持って、少しだけ自分の時間をバンドに使わせてくれる家族の理解がないといけない。

金沢のパンクシーンに関して、70年代〜今に至るまで金沢出身のバンドで金沢以外の人が知らないお勧めのバンドがあったら教えてください。

(Hiro)
昔から金沢にはバンドは、いたみたいだけど、ほとんど70年代、80年代の金沢のシーンについては知らないんだ。中学、高校の頃はメジャーでやってるスタークラブとかストリート ビーツ、コブラとかのパンク バンドが年に1回ずつぐらい金沢に来るのを楽しみ観に行って暴れてた感じかな(笑)
当時の先輩や音楽好きの姉も地元のバンドを知らなかったから、情報源はTVと雑誌だけだったし知る機会がなかったんだろうね。
Paychannelは20年前にまったく自分達だけで何もないというか、知らないところから始めた感じかな。あとは同級生で現在もPLUM CRAZYSってバンドをやってるダイってヤツが、当時からパンクバンドをやっていたから、いろいろ金沢のバンドを教えてもらったり、一緒にライブしたりもしたね。
その内に俺たちより5年も10年も前から金沢でパンク バンドとして活動しているTHE BAD TRAP、ULTIMO RAUSEAと知りあって、お互いのライブへ行ったり、一緒にライブもやるようにもなってきて、金沢パンクの歴史はひと通り知るようにはなったよ。彼らは金沢でパンクバンドをやっていくなら「なめられるな!」ということを背中で教えてくれたよ。
その内にAkillerの弟がBEAT GENERATIONを始め、P.C.2のギタリストのセイが自分のバンドとして、TEENAGE LOVEBOMBSをスタートさせた。その2バンドは最高だし、俺たちとはずっと一緒に活動している感じ。
後はガレージパンク バンドのDOWNSは前身のCOVER-UPS時代から友人で、カッコイイバンドだ!
それと、10年くらい前までは、日本を代表するガレージバンドのShotgun Runnersともよく一緒にライブしていたよ。同級生のPLUM CRAZYSも頑張ってる。
他に俺たちはまったく通ってこなかったハードコアシーン、ロカビリーシーンもあるみたいだけど、ここで言えるほどよく知らないんだよ。

10年くらい前までは金沢にNOSPACEってクラブがあって、そこで上記のみんながいろんなバンドを呼んで素晴らしい企画ライブをやっていた。あの場所が重要だったね。なくなって本当に残念だよ。俺たちはNOSPACEで録音したり、練習もしていたし。

私が初めて金沢を訪れた時、人々の盛り上がりに非常に驚きました。
皆、本当に楽しんでいましたね。
そこで、現在の金沢の音楽シーンに関して教えて頂けますか?

(Hiro)
実はこの質問の答えが僕には1番難しい(笑)
現在も上に挙げたバンド達がそれぞれ自分達の企画をやれるタイミングでやってる感じかな。
中にいると、外からの見え方がよくわからないんだよね。しかし、金沢にツアーや企画に呼ばれて来るバンドは、皆本当に楽しかったと言ってくれて、全力でプレイしてくれる。時には東京や大阪で観る時より気合いが入ってる時もあるね(笑)
熱いバンド、熱いお客さんは確実にいるけど、凄く少ない。それでもいいんだけど。
若い人もだんだん少なくなってるし、いろいろこの20年金沢のパンクロックが盛り上がるよう努力したはずだけど、なかなか音楽やバンドはファッションじゃなく、サウンドだ!ということを伝え、理解してもらうのは難しいね。今だにつまらないファッションバンドのライブにはお客さんがたくさん来てるみたいだから、その状況は何も変わらず口惜しい。

だけど諦めずに自分達がやるしかない!というのを上記のバンドが思って活動してるのが今のシーンなんじゃないかな。

私は日本の様々な都市を見てきましたが、それぞれに非常に異なる雰囲気を持っていると感じました。例えば、東京にはニューヨークのような非常に偏狭な都会の雰囲気を持っています。ショーにはバンドも客も常に同じメンツ、すでにグループが出来ている感じで、少し閉鎖的に感じます。また、新たに若者がそのシーンでプレイする事はありません。でも小さな町はそうではありません。人々は単純に音楽を楽しみ、興味があればショーに行き、またライブハウスも皆と一緒に楽しい時間を過ごす場所となっています。私がこう思う事に関して、あなたはどう思いますか?

(Hiro)
ダンの言うこと、感じたことの意味はよくわかるよ。しかし、オレは東京のシーンことは、その中にはいないから、憶測では言えないね。閉鎖的にならないようバンド側、企画者は努力しているはずだよ。若者が入ってこれないのは金沢でも同じだと思う。以前はなんとかしようと金沢でも若者が集まるメジャーなライブハウスの企画に出たことも何度かあるけど、結果はなかなかリンクしないね。原因は自分達の音楽やバンドに対する気持ちや姿勢があまりにも、そういった場所に集まるバンドやお客と違うから、共感されない、共感できないとなってしまう。こちらから寄せていくことが得策かもしれないけど、それをやると失うものの方が大きいから、そんな勇気はないよ(笑)だけどバンドに魅力があれば若い人達も興味を持ってくれるはずだから、これからもいい曲を作って、いいライブをやるしかないね!

11262015-kanazawa-13_resizeあなた達は今までツアーをした事はありますか?
今後、ツアー予定などはありますか?

(Hiro)
Paychannel時代は3日間くらいのミニツアーを何回かやったね。東京や大阪、京都、新潟、名古屋、には単発でもたまに行ってたよ。
1番の思い出はFIRESTARTERが企画したTHE REDUCERSのJAPAN TOUR最終日の下北沢シェルターのライブに出演したこと!あの夜とTHE REDUCERSのライブから感じたこと、REDUCERSのHughと話たことがバンドを続ける力に今でもなっている。
P.C.2になってからは、皆の仕事のタイミングを合わせると、なかなかツアーできなくて残念だけど、2年前のSonny ViencentのJAPAN TOURで東京のライブに参加したよ。YOUNG PARISIANやRAYDIOSも一緒で、最高だった!
大阪ではFRANTIC STUFFS の企画LAST WAVEでGEROSや解散直前のGIMMIESとも一緒で燃えたよ!

今年は9月にアルバムのリリースライブで東京に行く予定。

多くのツアーバンドが金沢でプレイしています。それらのバンドはあなた達が呼んでいるのですか?ツアーバンドが金沢を選ぶ理由は何だと思いますか?

(Hiro)
海外のバンドが来る時は東京の友人達がジャパンツアー自体をサポートすることが多く、金沢に行きいと連絡してくれば、できる限り協力している。日本のバンドだと、自分達の企画で呼ぶ以外は、友人のバンドがリリースツアーで金沢に来たいと言えば、企画をするよ。そこは友人としても、バンドとしても信頼関係がないと絶対に引き受けないよ。よく知らないバンドやレーベルから話が来ても断わってる。
バンドが金沢をツアーに選ぶ理由は、単純に信頼できるバンドがいるのを知っているからじゃないかな。

 

11262015-kanazawa-19_resize私も大好きなライブハウス、メロメロポッチに関して教えて下さい。どういう経緯でメロメロポッチがパンクシーンの中心の場所になったのですか?

(Hiro)
さっき名前を出した、NOSPACEが 無くなるまではNOSPACEがシーンの中心だった。だけどクローズしてしまい、新しい場所を探す必要に迫られた時に幾つかの場所でやってみたけど、ピッタリだったのがメロメロポッチだった。他にもライブハウスはあるけど、規制が厳しくて、俺たちのようなパンクバンドには向かない(笑)メロメロポッチは市場の中にあり立地も最高でツアーバンドは最高!と言ってくれ嬉しいよ。

現在の日本のロックンロール、パンクシーンに関してどうお思いですか?今のバンドでお気に入りのバンドはありますか?

(Hiro)
歳の近いバンドがまだまだ頑張っているのが、活力になってるね!関西ではFRANTIC STUFFS、GEROS、LOUDER、LIQUID SCREEN、セッションズ オブ ピンク、東京だとWOTZIT、Gorilla*、KNOCKS、水戸のMIDDLE EDGEなんかが刺激を受けている!
日本のシーンは東京がやはり凄いね。週末はライブがあちこちで同時に沢山あり、海外からもレジェンド バンド、現行バンド問わず沢山やって来る。うらやましいけど大変だね(笑)

死ぬほど残念なのはRAYDIOSの解散とFIRESTARTERの活動休止だね。

貴方達が好きな海外のバンドで金沢でプレイして欲しいバンドはいますか?

(Hiro)
現行バンドだとTOTAL PUNKからリリースしているバンドなんかを金沢で観てみたいね!
GIUDAももしJAPAN TOURがあれば金沢に来て欲しい!ROUGH KIDS、M.OT.O、デンジャーサインズもまた来て欲しいよ!
夢はTHE REDUCERSを金沢に呼ぶことだったんだけど、、、。これは残念だけどもう叶わない夢だね。

今後のPC2の活動について教えて下さい。

(Hiro)
今年はPaychannelスタートから20周年ということで、タイミングよくLPが出せる。レーベルのSecret Mission Recordsにはすごく感謝している。
そのリリースライブを東京と金沢で秋に全力でやるよ!その後はまた新しい曲を作ってプレイしたり録音したい。それだけだね。

金沢の名物男、彼について。やっとここで聞く事ができます!(誰の事か分かりますよね?すいません名前は忘れちゃいました)彼は本当に最高です。一体彼は何者ですか??
11262015-kanazawa-11_resize(Hiro)
ザザンボさんだね!(笑)名前は日本のカルト映画のタイトルから自分でつけたらしい。意味はここでは言わないので、気になれば皆調べてみて。
彼は最高!!かな!?(笑)僕たちの企画にお客さんとして来てくれるようになったのはもう15年は前じゃないかな。その内彼と話ていると同じ高校で先輩だったことがわかり、さらに仲良くなるよね(笑)
彼はライブでよく脱ぐんだけど、本当にバンドが彼を興奮させてくれないと脱がないんだ(笑)良いバンドだと全力で喜びを表現するんだろうね(笑)ルックスも最高だし、皆から愛されてます(笑)2年間、TEENGENERATEの映画、GET ACTION‼︎が金沢で上映されることになり、僕も出演しているし、FiFiさんを呼んでオープニングイベントをすることになった。そこでFiFi with P.C.2ってバンドでTEENGENERATEの曲を数曲プレイしたんだけど、TEENGENERATEのライブでおなじみの前説を、うってつけだと思ってザザンボさんにお願いしたんだ!狙いどおりいい仕事をしたよ(笑)彼を知らない人はYOUTUBEにその模様があるからぜひ観て欲しいね!
http://youtu.be/L_ewqFeKJiA

最後に、バンド、金沢について何か言いたい事はありますか?

(Hiro)
ここまでいろいろ言ったから、、、チアーズ!それだけだね(笑)
以上です。